セルフライナーノーツ

​TAKA & KATSUMI

01.monochrome 
Music by KATSUMI
 
TAKA : KATSUMIさんらしさが出てる作品に仕上がってるんじゃないかな。幕開けにも感じるし最後の曲からの流れも感じる多面的な作品。
 
KATSUMI : SEなんですけど・・・。あんまし作ったときの記憶がございません(笑)。SEにギターを入れるのはあんましスキじゃないんですけど、弾きまくってますねえ、コレは。
 

02.HIGH 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : アルバム中一番最後に出来上がった作品。足りなかった一個がスパッと当てはまった痛快爽快なナンバーですね。世界は広い、ならば向かおう!みたいな分かりやすい歌詞だと思います。オケを聞いた瞬間サビのメロディと歌詞がすぐに思い描かんで即レコーディングしたらコードと合ってなく僕に合わせてもらった(笑)。  
 
KATSUMI : アルバムの中で一番最後にできた曲。転調しまくりな曲なんですが、原因はすべてTAKAさんです(笑)。デモテープにメロをつけてもらったら転調してたんです。で、歌に合わせてオケを作り直したらこうなりました。勢いがあって前向きな・・・ウチらしい曲なんじゃないでしょうか?
 
 
03.BITTER 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : KATSUMIさんにこんな曲欲しいよね、って言って作って貰った曲。メロディ作りには多少なり手間どりましたが歌詞はすぐに書けたんだよなぁ。宝くじを当てるには1m先から自動販売機に向かって100円入れる様なもんだよ、って話を前に人から聞いてロマンチックな話だからそんな詞書こうかなと。ギターと言う言葉を使いたいっうのもありタイトルはビターになりました。女性コーラスを入れて更に面白さが増したんじゃないかな、聞いてて新鮮です!
 
KATSUMI :まだDECOYが4人だったころ・・・(笑) リハで合わせてた曲。しかし披露する前に2人になっちゃったので(笑)、 今回めでたくお披露目です。「UNITE」にコーラスで参加してもらった宮原彩さんにまた協力してもらってます。ツインヴォーカルみたいなカンジで華を添えていただきました。単調な曲の分、構成をちょっとヒネリました。
 

04.雪解け 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 歌詞はシンプルかつ情景を浮かびやすい感じにしました。この雰囲気はフジテレビのドラマじゃなくTBSのノリかなと思ったり(笑)。最近ドラマ見ないから分からないけどさ(笑)。このメロディは我ながらよく出来た感じがします(笑)。
 
KATSUMI : ライヴで何回か演ってました。イントロのアルペジオがずっと頭の中に流れててそのまますんなりできた曲。ギターソロがいいのよ、コレは(笑)。 純粋にいい曲ですよ、コレは。 
 
 
05.GARDEN 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 記憶を無くした少女を少年が取り戻そうとする話。最後記憶を取り戻したがために彼らにとって不幸な結末が待つという。KATSUMIさんのリフがかっこよく、そこをベースにジャムセッションで広げた曲。
 
KATSUMI : コレもずっとライヴで演ってた曲。リフのギターの音がダイスキ(笑)。 この頃はファズにハマッてました・・・。ひねくれた曲だけど意外にポップね。この曲。ちなみにこれはアルバムヴァージョンでイントロのドラムやベースは録り直しました。 
 
 
06.Inner Light 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 前のバンドからの曲。この曲が好きという方々の思いと封印するには罪かと思い初音源化しました。この詞はもう五年前ぐらいに書いた詞だけど素晴らしいの一言だね(笑)。
 
KATSUMI : DECOYの前にやってたSYBiL時代の曲です。SYBiLって後期の曲を作品にする前に解散したから、何か残したいなあって思って。いい曲いっぱいあったし。 で、人気が高かったこの曲を録音しました。 初めての川崎クラブチッタで1曲目にやったのを鮮明に覚えてるわ・・・。あの頃よりアレンジをちょっと変えまして、あとTAKAさんの声が大人になってます(笑)。 
 
 
07.桜 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 何パターンかメロディを練ってて、サビって一番目立つ部分だから音程を高くするのが主流と感じますが、最終的にあえて低い声で初めて勝負しました。頭で女性コーラスも鳴ってて、このサビのメロは無駄な物がなく我ながら天才かと勘違いしました(笑)。歌詞は強い女性と弱い男性の気持ちを交互に書いてます。
 
KATSUMI :よくライヴのオープニングでやってました。曲はいたってシンプルですがギターはかなりメンドい(笑)。変なコード使ってるんで気を抜くと指が攣ります(笑)。この曲も彩ちゃんにステキなコーラスやってもらってます。ちなみにこのコーラスと「BITTER」のコーラス、合わせて2時間で録りました。しかも初見で(笑)。彼女には脱帽よ。しかし彼女の声とTAKAの声が妙に合うのよね~。
 

08.ANSWER 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 歌詞のテーマは重い内容ですが、誰もが感じてる事なんじゃないかなと。世界では身近で有り得ない事がごく普通に起きてて、それをどう感じてるかという詞かな。小賢しい言葉遊びもしてるんでそこら辺も気付いて貰えたら幸いです(笑)。
 
KATSUMI : 個人で曲を膨大の録り溜めていまして、それでTAKAに聴かせたら 「演りたい!」ってことで、めでたく採用。淡々としてます。ただただ淡々・・・。歌詞に一部ヒネリがあるらしいのですがTAKAさんに聞くまで気付きませんでした(笑)。
 
 
09.BLACK BOX 
Lyrics & Music by KATSUMI
 
TAKA : KATSUMIさんがソロ用に作った曲でどうせならやろうよ、と言って作品化が実現しました。自分以外の世界観で歌うのは難しいけど非常に新鮮でやりがいがありましたね!
 
KATSUMI : コレはもうホントに趣味で作った曲の中の一曲で。ツクチーツクチーっていうベタなリズムの曲にシェイクを絡めたカンジで、バンドとかぜんぜん考えないで作りました。 ギターもワンフレーズだけ弾いてループさせてます。デモじゃあボクが歌ってまして歌詞も久しぶりに書きました。今乗ってるクルマの歌で、黒いクルマなんで「BLACK BOX」。もし赤いクルマだったら「RED BOX」になってました(笑)。
 

10.閉じる世界 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 割りとメロディがスンナリ決まり手こずった印象なく出来ました。歌詞も生意気な内容でこーゆう詞が書けるたびに密かに感動したりします、自画自賛好きなんです(笑)。
 
KATSUMI : イントロを聴いて「お!?」って思った人はおそらく30オーバーでしょう(笑)。まー80~90年代のバンドの曲みたいな・・・。メインとなる単音メロのギター・・・、こういう感じのギター久しぶりに弾いた(笑)。
 
11.picture 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 孤独な歌ですが、形には存在しなくとも写真には変わらない笑顔があって思いが溢れるんだから心の中でいつもどんな時も見守ってくれてるんじゃないかな、という強いものもある詞。こーゆう曲は大好きだしメロディもつけやすいし、ただ難しい(笑)。
 
KATSUMI : こういうマイナーで速い曲はずっと封印してたんですけど、久しぶりに作ってみました。自分の原点的な曲だったのでスンナリできた。純粋にいい曲だと思います。
 
 
12.あなたは天使 
Lyrics & Music by TAKA
 
TAKA :当初長いバラードだったのですがカットされました(笑)。ギターオーケストラはKATSUMIさんの案で、この考えは全く僕には思い浮かばなかったから、さすがだなぁと感心した。 大変だったみたいだが(笑)。これはストレートな詞と曲だけど、次の曲の兼ね合いでキーを上げたら苦しい歌になりました(笑)。
 
KATSUMI : TAKAからコード譜と歌詞をもらって「なんかやって」って言われて(笑)。単なるアコギの弾き語りじゃつまんないんでギターオーケストラをイメージしてこんなカンジになりました。曲をもらっていろいろ試行錯誤したんですが、なかなかハマッっていいカンジになったのでは?ちなみに次の「愛ノ唄」とメドレーっぽくしたかったからテンポも合わせたりしました。 
 
 
13.愛ノ唄 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 友達の結婚祝いに贈ったメッセージソング。 結構感動する歌詞だと思いますが(笑)。メロディも難しく考えず思い浮かんだものをすぐに形にしました。この曲はタイトルまで二人で考えたから感慨深いかな。何故タイトルと歌詞の表記が違うかって?それがシックリ来たからさ。悪い(笑)?ちなみに「雪解け」の世界の中で、この曲が街中で流れてる設定です。
 
KATSUMI : 昔からの友達が結婚するっていうので、そのために作った曲。歌詞がいいですね。 自分が結婚するときもこの曲が聴きたいな、と(笑)。演奏的にはイントロ~Aメロのアコギは難しいです・・・。「桜」もそうなんですけど、和音のルート音だけ変えて弾くっていうのがスキで。指攣るギリギリでがんばりました(笑)。
 
 
14.endroll. 
Lyrics by TAKA / Music by KATSUMI
 
TAKA : 前の曲で終わりでも良かったんだけど、素晴らしい世界の裏ではこーいう世界もあるんだよと表現したかった。痛々しいけど、これも現実に起きてる事だからさ。だいぶ入り込んで歌えました。
 
KATSUMI : 「愛ノ唄」で終わればすごくハッピーエンドなアルバムになったんですが、ひねくれてるんでそういうわけにもいかず(笑)。すばらしいラストを飾る曲になりました。初めて(?)ボクの声が入ってます。 逆回転させたり、いろいろ加工はしてるけど。ちなみに終始鳴ってるノイズというノイズはすべてギターで作りました。 
 
 
アルバム「TWO TONE」  
 
TAKA : DECOYが二人になり、どうせなら突き詰めてレコーディングしようとなり長い歳月を経て、かけがえのない結晶が出来ました!きっと二人じゃなければこのアルバムは完成してなかったと感じます。少しでも気になってくれたアナタへ、 是非手にとって聞いて感じて感想を聞かせて下さい!
 
KATSUMI : ずっと4人組のバンドをやってきた人生の中、初めて2人になって創り上げた作品です。良くも悪くも2人の世界観のみを詰め込んだ、非常に濃い作品になったと思います。TAKAと知り合って約6年ですが過去最高のものになりました。等身大の2人を感じていただけたらなと思います。
  • iTunes
  • Spotify
  • Google Play
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

Copyright © 2005 DECOYnet All rights reserved